BUFFALOのLinkStation LS210DをMacのTime Machineのバックアップ先にする方法

スポンサードリンク

備忘録として残します。

Link StationのWeb管理画面へログインして詳細設定

こんなんです。

ファイル共有 / AFP をONにする

こんなんです。

ファイル共有 / 共有フォルダ の横にあるアイコンをクリック

こんなんです。

保存先としたいフォルダに設定をする

  1. 設定したい共有フォルダをクリック
  2. [編集]
  3. “公開プロトコル”の”AFP”にチェックマークをつけ、[OK]をクリック

Time Machineの設定を行う

こんなんです。

  1. [編集]をクリックします。
  2. [参照]をクリックします。
  3. “公開プロトコル”で”AFP”にチェックマークをつけた共有フォルダーを選択し、[OK]をクリックします。

  4. [Time Machine] の横にあるオフをクリックし、表示をオンにします。

Mac側の設定

  1. Macのアップルメニューから、[システム環境設定]を選択
  2. [Time Machine]をクリック
  3. [バックアップディスクを選択]をクリック
  4. LinkStationを選択し、[バックアップに使用]をクリックします
  5. LinkStationの共有フォルダーにアクセスするためのユーザー名とパスワードを入力し、[接続]をクリック
  6. Time Machineのスイッチが”入”になっていることを確認
  7. [次回のバックアップ]に表示されている秒がカウントダウンされ、0秒になるとバックアップを開始

できた!!

以上です。

 

参考URL

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です