5年間務めた会社を退職致しました。

スポンサードリンク

太郎です。

ここのところ仕事やら勉強やら運動やら家事育児やらでバタバタしててブログの更新が滞ってしまいました。。猛省。

そして時は経ち、本日約5年間務めた会社を退職致しました。

退職に至るまでのエピソードは後ほど語るとして、思い返せば辛いことが多い職場ではありましたが、学ぶことや成長する機会もとても多かったと思っています。今の自分があるのはこの会社のおかげだと素直にそう思えます。

結婚もしたし
マンションも買ったし
車も買ったし
子供も生まれたし

人生における重要なイベントの殆どがこの会社で在籍しているうちに行われました。濃密。非常に濃密な5年間でした。

5年前

約2年間のニート期間を終え入社したときは31歳。31歳の新入社員が19歳の子から仕事を教わることからスタート致しました。

基本的に素直・誠実をモットーに業務に当たる気持ちでいましたが、理不尽なあたりのキツさや仕事の非効率さにモヤモヤイライラで入社から1年位は仕事をしていて楽しいと思ったことはありませんでした。むしろ半年くらいで一度辞めることを検討したくらいです。

転機が訪れたのは入社から1年半くらい経った頃。ある程度仕事を覚えて周りからも能力を認めて貰えてリーダーの役職を頂いたくらいだったでしょうか、当時の現場責任者(会社のNo2)が突然来なくなってしまいました。

業務のブラックボックスが非常に多く、当然残されたメンバーではわからないことが多く、「やべーぞこの状況・・・」という中で私に白羽の矢がたち、現場の総指揮を任されることになりました。

何もかもが手探りで、実質イチからオペレーションを組み立て直すことも同然の中、数ヶ月かかってなんとか立て直すことができました。

その成果と働きぶりを評価して頂き、2年経つ前にマネージャーに就任してからは様々な部門のオペレーション改善や組織立ち上げに参画させていただきました。

合わせて人事や情報システム部門も兼任することになり、一番大変なときでは5部門10グループすべてが私の直轄なんてときもありました。

そこから管理職を育成し、人を採用し、システムを開発し・・・様々なことにチャレンジしている中でいつの間にか「会社のNo2」、「社長の右腕」なんて言われるようになってました。

私が一般的に言う「管理職・マネージャー」としての仕事ができていたかは定かではありませんが、ここで学んだマネジメントの経験やゼロベースから何かを構築していく経験は他では中々得られることのできない貴重な経験だったと思います。

入社当初は辛いことばっかりで楽しいなって思ったことがなかったですが、思い返してみると

・・・辛くやっぱり大変なことのほうが圧倒的に多かったです(笑)何度もやめようと行動もしてましたし

けど、結果としては多くの経験と成長と知識、考え方を得ることができました。少ないですが人脈も手に入れることができました。

そして、やりたいことも見つかり、晴れてその業界へキャリアチェンジすることもできました。

途中、なんども自分の進んでいる道があってるのか悩んで苦しい時期が続きましたが、今、ようやく胸を張ってこう言えます。

いい選択をしたね!

新しい会社では当然どのようや苦難が待ち受けているかわかりませんが、自分がこれまで乗り越えてきたハードルがあればなんとかやっていけそうだなと思える自信くらいは付きました。

そして今日、スタッフの皆さんに温かく送り出していただけたと感じることができました。

本当にありがとう、みんな。

 

 

じゃぁ俺、いくわ!!!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です