我が家のルールvol.1|在庫は持たないことに決めました。

スポンサードリンク

太郎です。

今年も残りあと僅かになりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

我が家では、これまでの既成概念を打ち崩す新たなルールを決めました(というか勝手に決めた)

それは

在庫を持たない。

在庫を持たないことが我が家にフィットすると考えています。果たしてそれはどういうことか・・・?

そもそも在庫とは?

我が家では基本的にまとめ買いをします。

生活圏を楽天に集約していて、お買い物マラソンや楽天スーパーセールなどのタイミングで大量に買い込みます。特に、お買い物マラソンは月に2回あるので、結構な頻度でまとめ買いをしています。

店舗によっては送料無料ラインもあるので、ある程度まとめ買いすることが癖になっています。

なので、食料品や日用品など様々な在庫を抱えています。代表的なものでいうと

  • 米、水などの食料品
  • シャンプー、コンディショナーなどのバス用品
  • 洗剤、柔軟剤などの洗濯用品
  • 化粧水、乳液などの美容用品
  • ゴミ袋、梱包材などの雑貨類

・・・etc

その方がポイントも貯まるし、どうせ消耗品だし、これがもっとも効率の良い買い物だと思っていました。

2年位こんな感じで楽天に身を任せて運用していましたが、この考え方、見直すことにしました。

在庫のメリット・デメリット

在庫を持つことによるメリットは

  • まとめ買いにより普段よりお得に買うことができる
  • いざというときの欠品リスクが少ない
  • 買い物の回数を減らせる

だと思いますが、逆にデメリットを考えてみると

  • 場所を取る
  • 買ったことを忘れてまた買う
  • 期限切れのリスクがある
  • 好みが変わる

と、単純に考えたらデメリットのほうが多いように感じます。それでも「いつもよりお得に買えるから」というメリットがそれらの考え方を吹っ飛ばしてしまっていたわけですが、ここ最近、我が家にはデメリットが与える影響が大きいなと感じていました。

場所を取る

妻1、娘1の3人家族で2LDK(約54㎡)です。

購入時点ではDINKSだったので気にしてなかったのですが、予定より早く娘が誕生したため、結構手狭に感じてます。しかしながら私は部屋が狭いわけではなく、物が多いからだと感じてます。

在庫を持たなければ部屋に余白が生まれて、十分足りる広さです。

買ったことを忘れてまた買う

しっかりと管理できていればそんなことない、と思うかもしれませんが意外と忘れます。実は自分が気づいてないだけで忘れてることは結構あると思います。

だとするならば、結局は無駄な買い物をしているということ。それではお得に買ってる意味がないですよね。

事実、我が家でもよくあります。

期限切れのリスクがある

食料品の在庫は、我が家では米・水・海苔・フルグラ・お菓子くらいですが、特にお菓子類は買ったものやら貰い物やら色々と混在してますのでハッキリ言って管理できてないです。

結局食べずに期限切れにすることもチラホラ。もったいない。

そもそも食べないものは貰わない、使わないものはあげる、もしくは捨てる。この考え方を徹底しないと家に在庫があふれるんですよね。

とりあえずBOXみたいなものを持っちゃだめですね。

好みが変わる

これ、我が家ではこれが結構なリスクです。

私は飽き性、妻は他嗜好なので、シャンプー1つでもいろいろなものがあります。

私はそれが嫌なので、最近は1つのものを使い切ってから買ってくれと言ってます。おかげさまで大分種類が減ってキレイになってきました。

その中で、「これを使いたい」と思ったボディソープがあったのですが、大量に在庫を買ってあったのでなかなか次に進めません。(4回分×3セットで12回分あります。1年位持つかもしれない・・・)

我が家みたいに好みがコロコロ変わる家庭は、単価が多少上がってもミニボトル的なもので試し買いをクセづけたほうがいいと思います。

あと、安いからって絶対いつもの違うものは買わない方が良いと思いました。仮に好みと違ったときに消費するのがつらすぎる・・・

試供品・サンプル品はすぐ使う

我が家には結構サンプル品があります。

なんかのときに使うだろうと、管理ボックスにぶっこんでるのですが結局使わないんですよね。

だから、「試供品・サンプル品はもらったらすぐ使う」にルールを変えました。

それで、よかったら買い増せば良い。

いつか使うから・・・という考えでサンプル品をストックしておくのは無駄だと感じました。結局我が家では使わない。

おかげさまで大量のシャンプーやらトリートメントやら化粧水やらが散乱してます。歯ブラシは100本くらいあります。

物が管理しやすくなる

単純に在庫を持たなければ物の管理はとても単純です。

それだけで収納は広く使えるし、ムダも減らせるし、在庫を紛失することもなくなるし、我が家にはあってると思いました。

在庫を大量に持つと、使用頻度もわかりづらく、家計簿もつけづらいです。また、物価は変動してるので、購入時はお得に感じるかもしれませんが、実は損してるかもしれません。

周辺環境に恵まれているから

我が家は徒歩5分圏内に

  • スーパー
  • コンビニ
  • ドラックストア
  • 飲食店

など、様々なお店があります。商店街がものすごく近いのです。

なので、そもそも在庫を持たなくてもすぐに買いに行けるのです。

在庫は見える化する

どうしても在庫を持たなければいけないものは見えやすく、取り出しやすい位置に置くべきだと思います。

収納の奥底に管理すると忘れます。忘れない自信があるのであれば良いかもしれませんが、見えやすくすぐ取り出しやすい位置にあることで、常に数を意識できるのでど忘れリスクを減らすことができます。

というよりも、在庫以外にもインテリア全般見せる収納をする方が無駄な買い物を減らすことができると私は思ってます。(きちんと整理整頓する習慣も合わせて身につくかも)

 

 

ということで、我が家では在庫を持たない生活を心がけていきたいと思います。と、妻に言ったら「大地震のときはどうする?」と聞かれました。

 

それは在庫とは別に考えようよ(笑)

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です